ランキング3

バリ島

地球で最後の楽園と呼ばれていることで知られている、バリ島。

バリ島

東南アジアのインドネシア共和国に属する島で、首都ジャカルタのあるジャワ島のすぐ東側に位置するこの島は、東南アジアだからこそ体験できる独特の文化と青い海の世界を堪能することが出来ます。まず抑えておきたいのがウブド王宮。

ココで見ることのできる毎日行われているというバリ舞踊は美しい舞に魅了されることでしょう。
バロンとレゴンを中心に演目は日替わりで行われているそうです。バロンとレゴンというのは演目のストーリーのことで、死神の生贄となっいたサデワ王子をシヴァ神が哀れんで不死身にし、王子は死に神を倒すが弟子のカレカが不死身の王子と戦う羽目に…というのがあらすじ。
でも内容を知らなくても雰囲気でも楽しむことが出来ますよ。

また、バリ島に行ったら寺院観光を1度はしておきたいところ。バリの寺院にはいくつか特徴があります。
「ドラゴンボール」の天下一武道会のモデルになっていることでも有名なシンメトリーの門・チャンディ・ブンタルや奇数の多重層で出来た仏塔・メル…これは他のリゾートでは体験できませんよ。

もちろんダイビングエリアで有名なトライベンもおすすめですよ。過去の歴史が眠る海を体験しましょう!

バリ島無料WiFiスポット

バリ島でWifiなんて使えるの?

と疑問に思われる人も居るかも知れませんが、バリ島でもWifiの波が押し寄せています。

多くはホテルや世界で展開してるファーストフード店やカフェやコンビニにはWifiがあるところが多いようです。
特にコンビニにはPCも置いてあるところもあり、スマートフォン使いの人が集まっていたりします。
さらにはローカルの「Wifi」とかかれているレストラン、カフェにもWifiスポットはあります。
しかし、中には看板のないお店もありますので、気になるようなら店員さんに「Wifiは置いてありますか?」と聞いてみるといいでしょう。
接続スピードは速くありませんがWIFIスポットには困らないのがバリ島だといえます。

バリ島に持っていくといい持ち物

バリ島は年間平均が28℃と高いので基本的には半袖で十分に過ごすことが出来ます。

また、バリ島にはリゾートメインのお店が多く、余り薬の類が置いていません。

虫刺され対策に虫刺され予防スプレーや、蚊取り線香、虫刺されかゆみ止め薬のほか、水が逢わないときに備えて正露丸などの胃腸薬も重宝されると思われます。

また思っている以上に日差しも強いので紫外線対策は必須。
SPF高めの日焼け止めだけでなく、帽子やサングラスなど、物理的に日差しの強さをブロックする物があるとよいかもしれません。

バリ島の週間天気予報